刀剣は高値で売ろう

買取の際の注意点について

刀剣の買取を依頼する際の注意点として、まず何よりも刀剣の登録証が存在するかという事を確認しましょう。 日本刀は基本的には公安委員会の登録を受けて存在する事が許可されているので、登録証が存在しない刀剣は模造刀として所持してはいけません。 無論、そう言った刀剣を買取する店というのも有りませんので、売る際には最低限登録証が有るかを確認しましょう。 もし、登録証が無い場合は一度警察の生活安全課など銃砲刀剣類の管轄する部門に問い合わせを行い、そこで再度申請や再発行などを依頼します。 また登録証が存在しても名義が故人の物という場合も珍しくはなく、そう言った場合は郵送でも構わないので公安委員会に名義変更の申し入れをする必要があります。

刀剣の登録証について

一般的に買取を行ってくれる刀剣というのは登録証が付いているのが最低条件です。 この登録証というのは、刀剣の戸籍のような物で美術目的など目的に一致した刀などを都道府県の教育委員会で管理し違法な目的での所有や反社会勢力への違法な譲渡などが存在していないか確認する事を目的としています。 また基本的には美術品としてしか存在は許されないので、その基準に適合した物のみに登録証は公布されます。 例外的な事例として、軍刀や戦争中に作られたステンレスなど洋鉄をつかった物などでも遺品であったり家に代々伝わるなど歴史的価値がある物であれば、刀剣でではなく個人に銃砲などとおなじ「所持許可」が出されます。ただしこういった刀剣は登録証が存在していないので、売る事は出来ません。 また珍しいのですが、銃刀法公布の際のドタバタで現在では到底出ないであろう刀剣に登録証が交付されている場合があり、これは許可ではないので買取の対象となります